2018/04/16
玄関の温度計は雪で閉ざされていました(笑)。夜半から雪が舞い、朝目覚めたらまだユラユラしていました。4月も中旬を過ぎたけど、こういう目覚めはココロ・ウキウキします。ダイニングルームから望む2高速リフトは、小気味よく運行していました。「スキーしたいな!」と、館内からゲレンデを眺めるシーズンは、まだ続いています。スキー場関係者の皆々様、連日本当にありがとうございます!

2018/04/10
強い陽射しがとても心地よく感じます。朝晩はまだまだ氷点下の奥志賀ですが、冷え込みの余韻と春の暖かさとの融合が、まるで41℃前後の温泉につかっているかのような、まどろみを与えます。標高も高いのでその分紫外線も強く、でも空の高さやその青さに笑みが絶えません。オードヴィーの木々達も、歓びを感じている様子に映りました。景色景観の移り変わりを、ゲレンデからも楽しんで下さい。

2018/04/08
雪の気配を感じた起床を久々に迎えました。膝下とかの積雪量ではないけど、今なお舞っています。今朝、玄関より眺めていたら、今シーズンの色々なワンシーンが浮かんできました。雪で開かない玄関、吹雪の轟音に少し恐れを感じてみたり、猛烈な雪が車のエンジン内に吹き込み不動に陥ったりと、私にとって客席から舞台を感じるライブなエリア、それがここだったなぁ、と。さあ、春スキーはまだ序盤ですよ!より詳細はスキー場HP等をご確認頂き、どなた様もお気を付けてお越し下さい。

2018/04/05
スキー場関係者皆さまの支えで、奥志賀の春はまだまだ続きます。ほぼ連日、夕飯準備に差し掛かっている時間帯、厨房に届く圧雪車(写真中央・ピステンブーリー)のディーゼル・サウンドに胸が高まります。子供心に、いわゆる低音(=ディーゼル音)がシンプルにカッコイイですね。いつか運転してみたいなぁ、と敬意の視線で眺めています。関係者の皆さま、いつもありがとうございます。そして明日以降も宜しくお願い致します!

2018/03/30
夕暮れを眺める気持ちにも、少しだけホッとする瞬間が訪れるようになってきました。明日は3月最後の週末です。大勢のお客様をお出迎えさせて頂きますが、今シーズンは特に、天真爛漫な妻と娘に本当に感謝しているわたしです。奥志賀のシーズンはまだ続きますが、”ふたり”のホスピタリティ・マインドを、わたしも柔軟に吸収したく過ごしていきたいと感じております。

2018/03/28
奥志賀にもようやく春が訪れてきました。今日はとてもとても珍しい、家族が集う1枚です。左から娘、妻、パグのテンボ、そして私です。おかげ様で春シーズンも、変わりゆく美しい景観にも支えられながら、元気に過ごさせて頂いております。今シーズンはまだまだ続きますので、心身共に健康体で乗り切りたいと思います。

2018/03/21
今シーズン、朝食の仕込みや準備にひと段落を迎えたら必ずデッキで夜空を眺め、館内を見渡しています。どれだけ雪が積もっていようが、ガンガン降り続こうが、屋根から氷塊が落ちていたとしても、必ずここで深呼吸をしています。風呂上がりやスポーツ後の一杯も格別ですが、仕事後のひと息も、また最高の瞬間のひとつです。奥志賀の春スキーはこれからが本番です。そして眩いグリーンシーズンも、すこーしずつ近付いてきています。5月GWは空室が僅かです。ご計画はお早めに!

2018/03/17
今朝厨房から望んだ奥志賀の風景です。ゆっくりしたピンク色の朝焼けで、まるで桜のように感じた、そう心に映りました。右手上にエキスパートコースがありますが、一瞬の変化に「うわぁ~、綺麗すぎる、凄~い」と、夫婦揃って仲良く感動しておりました。ニュースによれば東京の桜開花がそろそろですね。妻と私は一足先にここ奥志賀で贅沢な一瞬を楽しめましたよ。あっっ、娘ですか!?今日は保育園休みなのでまだ寝ていました。そして起きたころにはいつもの木々達に戻っていました(残念)。

2018/03/06
素晴らしい陽射しで包まれている奥志賀です。保育園へと娘を送り、その足で麓へ向かい用事を済ませ、奥志賀へ戻ってきたのが11時ジャストでした。思わず車を降りずにいられない素晴らしい風景が広がっていました。そうですね、深呼吸です。すこーし心身をリセット、肩の力を抜いてみました。結構クリアーになるんですよね。山でも都会でも、忙しい合間に見落としちがなこういう瞬間。美味しい深呼吸、奥志賀のおススメです!

2018/03/05
3月最初の週末、快晴に恵まれた奥志賀です。お客様がウインタースポーツを満喫している頃、母と娘はデッキでランチを楽しんでました。えっ!?ランチ?いえいえ、表現が違うかな、まかない食です。メニューは娘の好物、「The...

さらに表示する