2018/07/16
定番メニューに「燻製」を検討しております。今年の春からボチボチ提供させて頂いておりますが、おかげ様で人気メニューになりつつあります。海の日の3連休は、シンプルなチーズ、岩魚、半熟タマゴでした。工程にそれなりの時間を費やしますが、その時間と愛情を注いだ分、確かに美味しい出来栄えです。冷えたビールにも合いますが、スコッチウイスキーや芋焼酎に特に相性が良い感じです。

2018/07/15
小布施町の大工さん家で採れた夏野菜の数々が、献立の中心となりました。グリーンシーズンは食材のバラエティーが豊富なので、献立づくりも楽しいですね。夏はスタートを切ったばかりですが、「美味しいね!」と言って頂けるよう、シンプルな積み重ねを心掛けて行きたいと思います。今夜のおススメはずばり!(笑)、冷たいスープのガスパッチョでした。

2018/07/13
写真中央に見える小さな機械は、工事現場等で活躍する「転圧機(てんあつき)」です。この機械の凄まじい爆音、振動、鼓動、躍動から、相当な刺激を受けました。これまで材木をひたすら塗る時間に終始していましたが、最終工程に差し掛かったタイミングで、大工さんの手ほどきを受けています。いよいよお披露目も近くなってきました。連休明けには正式にリリースさせて頂きます!

2018/07/12
奥志賀の関係者が集い「奥志賀渓谷」の吊り橋を掛けてきました。と~っても涼しい!!そして渓流やブナ、白樺の香りが本当に美味しかったです。写真はワイヤー調整の一コマですが、慎重に慎重を期し吊り橋は完成しています。避暑には最適な奥志賀渓谷をぜひ歩いてみて下さい。ちなみに私、涼しいなかの作業にも関わらず、ついつい汗だく(笑)でした。

2018/07/09
皆さまに紹介します(笑)。グリーンシーズン限定、オトモダチの蚊取り線香です。汗かきの私には欠かせないアイテムで、もはや野外作業の必需品です。これのおかげで作業も捗っております。奥志賀にお越しの際は、虫除けスプレーがあるとより快適かもしれません。特にトレッキングや渓谷周りを散策される場合、携帯して頂ければと思います。

2018/07/04
奥志賀から歩きませんか?体幹はもちろん、心身が鍛えられるコースかと思います(笑)。ウインターシーズンのパウダースノーも最高ですが、さあ夏です!歩きましょう。第2高速リフトのてっぺんで広大な景色を見渡し、深呼吸してみてください。そして焼額山山頂・稚児池を目指して下さいね。グリーンシーズンはランチ弁当のご用意も可能ですので、お気軽にお申し付けください。

2018/07/03
ホワイトからブラウン系の外壁へ変わり、ようやくスタートした基礎工事の一コマです。この一角、ウインターシーズンは雪が積もり、壁すら見えないエリアでした。いい感じに進む本工程は、先ず材木屋さんから材料の宅配を受け、ひたすらペンキ塗りに勤しみ、最後は大工さんに加工してもらい組み立てる流れです。ここは正面玄関にあたりますので、周辺グリーン環境との自然な立ち位置を志し、且つウェルカム感を出したい特別なエリアだなと、日に日に痛感しています。で、で、で、何が出来るの??と質問を受けそうですが(笑)、完成後の報告をお待ち下さい!

2018/07/02
奥志賀も梅雨が明けました。愛情を育んできた芝のポット苗たちの植え込みを、段階的にスタートしています。標高1,500㍍の奥志賀の夏で、イキイキと成長してれる事を願って止みません。全面芝生化&グリーンパーク構築に向け、試行錯誤ながらコツコツ進めていきますのでご期待ください。

2018/06/25
「芝の養生」に取り組んでいます。愛情を込めた試行錯誤の日々であり(笑)、チャレンジスピリットの継続でもありますが、現在のところ種蒔きが功を奏しています。しかし麓との気温差は10℃近くありますので、特に木々のグリーンが生い茂ってきた日陰部分は、発芽しません。そこで写真にあるポッドに種を蒔き、生い茂ってきたところで敷地に植え込む作業をしています。写真奥はスタンバイOKの芝生の苗たちです。もちろん奥志賀ですから、寒冷地仕様の芝です。昨年の苗たちも元気なので、より範囲を広げベースの構築に励んでいます。

2018/06/20
蚊取り線香を腰に吊るしながら、ガンバレ、ママさん!厨房やダイニングルームのサーヴィスから一転、今年のグリーンシーズンは、時間の許す限り図太い木材達と向き合っています。最近、迷彩柄がとても似合ってきました(笑)。本格的なグリーンシーズンに夏休みを前に、外観をお色直ししてます。奥志賀の素晴らしいグリーンシーズンの風景の中に、仲間入りできたらと胸が弾んでいます。そして夏休み限定で、「らしい・アクティビティ」を設置する予定です。こちらは準備が整い次第、ご紹介させて頂きますので少しお待ち下さい。さあ、一緒にガンバろ、ママさんん!!

さらに表示する